skip to Main Content

株式会社シードハウスのSDGsの取り組み

スクリーンショット 2019-08-06 15.21.28

 持続可能な開発目標(SDGs)とは,20159月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

(参考文献:外務省JAPAN SDGs Action Platform より)

私達のSDGs活動に関して

シードハウスの主な事業は次のとおりです。
1.プロジェクト型学習塾事業
2.コワーキングスペース運営

シードハウスでは、いつでも誰でも学べる場として昼間は社会人向けのコワーキングと不登校児向けのクラス、夕方からは学習塾を運営しています。学習塾では、プロジェクト学習塾として経済活動や社会活動に参加するための必要な知識やスキルを身に付ける支援を行なっています。

コワーキングスペースではスペースのシェアの他、地域や社会で活動できる女性起業家の育成を行なっています。

私達はSDGsが掲げる経済、社会、環境の三側面に沿って、貢献できる内容を事業毎に次のとおり定義しました。

経済面

学習塾:プロジェクト型学習塾として、経済活動や社会活動に参加するために必要な知識・スキルを身に付けるための指導を行なっています。将来的に社会の課題に対して問題解決できる人材の育成をしています。

コワーキングスペース運営:男性社会の中では成長が難しいとされる分野で活動する地域で活躍する女性起業家の支援を行っています。地域の雇用活性や新たな市場価値を提供できる女性を育て、日本全体の経済的貢献を行なっています。

kaki_mypro_design1

社会面

誰でも平等に教育を受けられる場所として、平日不登校児が通えるクラスを設定。既存のフリースクールやホームスクーリング などでは対応が難しい受験指導やプロジェクト支援を行なっています。また、子どもだけではなく、大人の学び直しや学習スキルを高めるためのクラスも提供し、誰でもいつでも学べる機会を提供しています。

平日昼間毎日通えるデイタイムスクール

環境面

学習塾:システムの予約、請求書、ニュースレターなど一般的な学習塾が紙で行う作業はすべて電子化をし、森林資源を大切に考えています。

コワーキングスペース:場所を共有することで電気やエアコンなどのエネルギーも共有することができ、地球温暖化を考慮しています。

湘南台コワーキングスペース

お申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ

お手数ですが下記フォームにご記入をお願いいたします。
3営業日以内に折り返しご連絡させていただきます。


資料を送ってほしい*備考欄に送付先の住所の記載をお願いしますカウンセリング(保護者15分)+体験会希望(120分)説明希望(30分程度)見学希望その他




湘南台辻堂横浜東口 ブルーコンパス店(女子のみ)検討中


小学生中学生高校生大学生社会人その他







Back To Top