skip to Main Content
kotomi kobayashi

再就職で50社落ちた小林です。

シードハウス代表取締役 小林コトミ
株式会社Manabelle  取締役
株式会社ブルーコンパス取締役

第15回湘南ビジネスコンテスト 準大賞・ナデシコ賞受賞
令和元年内閣府女性のチャレンジ賞特別部門賞受賞(テーマは「多様的な学び」)

kobayashi

経歴

・卒業後、IT系の企業にてプログラマ、ヘルプデスクなどの仕事に従事。
妊活をするために仕事を辞める。

2013年、子どもが1歳になる年に社会復帰を目指すが50社以上落ちる。そこでテクノロジーが強いことをPRした結果再就職が決まる。派遣事業の立ち上げに携わる。

2014年湘南ビジネスコンテストにてダブル受賞。

2015年再就職時に50社落ちた経験や、派遣事業を通して、忙しくて学ぶ時間を確保できない女性達との出会いから、「女性がスキマ時間でテクノロジーを学べる機会を作りたい」と考え、株式会社Manabelle(マナベル)を設立。代表として着任。

2017年学習塾の空きスペースを活用して地域で活動する人々のために「コワーキング」サービスを開始。

2018年「学びと仕事が融合する場所」をコンセプトにした学習塾株式会社シードハウスを設立、代表取締役に着任。

2018年女性のワーキングスペース&コミュニティとして株式会社ブルーコンパスを設立。取締役に着任。女子のキャリア教育を目的にした「女子専用学習塾」を開始。

未来の選択肢を広げる学びを提供したい

社会復帰までは私はIT業界で働いていました。その時の転職活動では、受ける会社は、ほぼ内定。全く「職」に困ったことはありませんでした。

しかし、育児との両立との面から地元で事務職を応募しましたが、まさかの50社以上不採用。面接にすら進むことができない状況でした。

そこで「今までの業界や職業で働くのであれば今までのキャリアは活かせる。しかし何かのタイミングでその業界以外で働く場合とても困難」と初めて気がつきました。つまり、私は人生という大きな物差しでキャリアを考えていませんでした

その後キャリアコンサルタントの資格を取り、「キャリア=仕事」という定義ではなく「キャリア=人生を通しての活動」という事を知り、どのタイミングからでもみんながきちんとキャリアを考え、形成できる活動をしたいと考えました。

今まで私は勉強・テストが嫌いでしたが、自分の価値観やキャリア形成に必要な学びをすることで自分の目の前がどんどん広がっていく体験をしました。今まで受けていた強制された勉強ではなく、自分の人生において必要な学びをする意味を大人になって初めてわかりました。

誰でも未来を広げるための教材を作りたいと考え、株式会社Manabelleを設立しました。そして、個人の学びだけではなく、大人も子どももお互い学び合える環境を作りたいと考え、コワーキング型の学習塾シードハウスを設立しました。そして、女性起業家が活動しやすい社会を作りたいと株式会社ブルーコンパスも設立しました。

自分の不必要な学びは面白くないし、面倒くさいです笑
私は、一人でも多くの人がシードハウスを通して自分がやりたい事を見つけ、達成するための必要な学びを選択できるような社会を作っていきたいと考えています。

Back To Top